高校卒業の資格も得られる!?神奈川の通信制高校の特徴とは?

必要単位を取得できれば卒業と同時に大学受験への道が切り開かれます

通信制高校 神奈川神奈川県中郡大磯町の通信制高校・サポート校-ズバット

必要単位を取得できれば卒業と同時に大学受験への道が切り開かれます入学方法は3種類、新入学・転入学・編入学中学を卒業してすぐに社会人になった人なども受験することができます

高校を卒業しないと大学への進学ができないけれども、中退した人は従来大検と呼ばれていた高校卒業の資格を得ることで受験が可能になり大学への進学も可能にします。
サポート校や高卒認定予備校などの学校があるけれども、サポート校は塾・予備校などのような位置づけで、高卒認定予備校は文字通り予備校としての位置づけですからこれらを卒業したとしても高校卒業の資格を得ることはできません。
高卒認定予備校は卒業することで高卒認定試験の合格を目指すことができますが、サポート校では通信制高校の単位取得が主な目的であり、この通信制高校は高等学校の位置づけになっているもので、高卒の資格取得ができるすなわち、このような学校を利用して勉強する、必要単位を取得できれば卒業と同時に大学受験への道が切り開かれます。
高校を卒業すると同時に大学受験のパスポートを貰う基本は、一般的な全日制高校と通信制の高校のいずれかを利用する形になるわけですが、全日制高校には私立と公立の二つがあって入学への難易度や入学金・授業料などに大きな違いが存在します。
神奈川県などでは、私立の全日制高校に入学するためには約20万円の入学金が必要になるけれども、公立ではこの金額が6,000円と安くなっているのが特徴です。
通信制も入学金を1万円程度に設定しているため両親の負担を軽減できるなどの利点があります。
授業料は、私立では約42万円の学校が多いけれども公立は122,400円、通信制では220,000万円といった具合に私立高校の半分から半分以下の授業料で勉強ができるメリットは入学金と同じくご両親の負担を軽減できるメリットを持ちます。
他にも、施設設備費やその他の費用などがかかることになりますが、私立では約16万円になるけれども通信制では約42,000円で済む、公立高校においては無料など学校の種類により学費が大きくことなることがわかるのではないでしょうか。

「神奈川、大阪、兵庫、福岡の各府県は、現段階で民間施設に対し休業要請しない方針を示した。
」(共同通信)https://t.co/ECwPRfUxSd #休業要請 #休業補償 #臨時休業 #緊急事態宣言 #フリースクール #通信制高校

— ꧁ NPO法人太陽の村 ꧂ (@NPO79328087) April 7, 2020